何も書かないという事は、何かを書く事と同様に困難である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/24

8/24(土)に、いつもサポートさせてもらってるMomocoのレコ発ワンマンがあって、ここしばらくはずっとその準備に追われていました。

普段はカホンを用いたアコースティックスタイルでやってるんですが、今回はキーボードを追加したフルバンド編成の楽曲もあり、数曲ドラムも叩かせてもらいました。

ドラムは普段のバンド活動で叩いてる為、自身のプレイとしてはカホンより自由度が上がった気がします。物理的な意味で。

ですが、経験上自分の得意とするスタイルで叩くと破滅へ向かってしまう為、特にMomocoの曲においては歌が最も重要ですし、何かに徹しなければという思いが頭を支配していた気がします。

今回の四人の中でどういうバランスを取ればいいのか、探しましたが結局最後まで掴めず終いでした。

プレイ自体も、普段より明らかに精細を欠いてしまったと思います。結果的に、自由度は下がってしまいました。

ちゃんとサポートできる人は大人だなと。分別があるなーと思います。





ワンマンライブそのものは、うまくいきました。

ステージの最初は一人で弾き語りだったので客席から見てたんですが、本人はすごくハイで、幸せそうな顔をしてました。もちろん緊張はしてたみたいですが。


それは見てて嬉しかったです。




とりあえずひと段落して、異常な疲労感に苛まれている為、昼寝します。


疲れを露わにする終演後のメンバーたち
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。